• 055-955-8200
  • Instagram資料プレゼント
  • 資料請求・お問い合せ

Nakachiの美容院コラム

NAKACHI COLUMN

顧客0から売れる美容師に。集客の成功方法はブログにあった。

競合店が増え続けている美容業界。
多くの美容院やサロンは、新規顧客を獲得することが年々厳しくなっており、自分の美容院を差別化する方法を模索し、様々な集客方法を行っています。

美容業界における集客は、美容院経営者の方や美容師さんにとって、長く付き合う課題です
しかし、この悩みを解決する鍵が意外なところにあります。それが、ブログです。


競合美容院に負けない「本当の差別化」をする方法

1.webp

現在、美容院やサロンでは、SNS、チラシ配布、口コミ掲載など、いろんな集客手法を使っても、新しいお客様を呼び込んだりリピート率を上げることが難しい状況です。

その理由は、自分たちの魅力や特徴をユーザーに伝えきれていないからです。

SNS、チラシ配布、口コミ掲載だけでは、美容院やサロンの良さを伝える情報が少なく、ユーザーはイメージをしにくいのです。

魅力や強みを全て伝える方法を見つけられれば、お客様から差別化された特別な美容院であることを認識してもらえ、来店へ繋げることができるのです。


ブログを最大限に活用し、差別化をアピールする

2.webp

ユーザーに美容院や美容師さんの強みを理解してもらう鍵を握るのがブログです。

文章や画像に制限がないため(著作権を除く)、自由に情報発信ができ、美容院や美容師さんが伝えたいことを存分に表現できます。このブログのメリットを最大限に活かす方法についてご紹介します。


ブログ記事のタイトルは、ターゲットを明確にした内容にしよう

ブログのタイトルを考える際、多くの人の目を引きたいと思い、曖昧な文章や見出しになってしまうことがあります。しかし、重要なのは見てくれた人が実際に来店したくなることです。

そのため、美容師さんや美容院が普段ターゲットにしているお客様が引きつけられるような見出しや文章が大切です。

例えば、ハイトーンカラーが得意な美容院なら「ブリーチしても髪を傷ませない方法」や、40代以上の女性が多い美容院なら「白髪染めを始めるタイミングは?」など、特定のお客さんに向けた投稿が成功の鍵となります。


店舗の魅力を組み込んだ愛称をつける

トリートメントが得意な美容師さんを「ツヤ髪デザイナー」と呼んだり、ケミカルに詳しい人が書くブログ記事を「ケミカルオタクのつぶやき」と題したりと、ちょっと変わった言葉を使うとユーザーの注目を集めやすいブログ記事になります。

面白い言葉を使うと同時に、特化した施術内容もイメージしやすくなるため、お客様の興味を引きつつ情報を届けられることができます。

また、「サラサラ」「ツヤツヤ」「うるうる」などの擬態語を使うことで、お客様が施術後の美しい状態をイメージをしやすく、美容院への期待値を高める効果があります。


他のユーザーが共感する「あるあるポイント」を記載する

「お家でのヘアケア方法が分からないとのお悩みをいただきました。」など実際のお客様の悩みを掲載することで、ユーザーは共感を感じ、その後の記事を読み進めてもらいやすいと言われています。

「ヘアカラー時のお悩みトップ5」など、ユーザーの視点に立ったブログを意識して作成することもおすすめです。


専門性を伝えつつ、ユーザー目線を忘れずに

髪の専門家として伝えるべきことはたくさんありますと思います。しかし、専門用語を使いすぎたり、複雑に説明するとユーザーは理解しにくくなってしまいます。

専門性を伝える際は、できるだけ専門用語を避けて、わかりやすく短く説明することが大切です。文章が長くなりすぎる場合は、写真や図を使うとユーザーに分かりやすくなります。


売れる美容師は、Web集客に力を入れている

6.webp

Web集客に取り組んでいる美容師さんや美容院は、ブログを活用してキャラクターや専門性を演出し、「このお店に来店したい」と思ってもらう取り組みに力をいれています。

SNSや口コミ、チラシ配布などがうまくいかないと感じている方は、ご自身の魅力が伝わっていない可能性がありますので、この機会にブログを初めてみてはいかがでしょうか?

「何を投稿すればいいかわからない」「ブログを書いているが成果が出ない」と悩まれている方は、ご自身や美容院の差別化ポイントが明確になっていない可能性があります。

そんな場合は、ぜひNakachiにご相談ください。

元美容師のWebデザイナーが、美容師さんや美容院の魅力を具体化し、20年以上Web運用経験を活かしたホームページ制作によるWebマーケティングで、Webでの効果的な発信を全面的にサポートいたします。
Web集客についての疑問や質問があれば、お気軽にお問い合わせください。

ご相談・お問い合わせはこちら

ご相談・お問い合せは、
お気軽にお寄せください

資料のご請求、お問い合せに
迅速に対応しております。

リセラ株式会社 Nakachi事業部
担当:中野まで
【受付時間】10:00~19:00
(土日祝は定休日です)